koumeiblog

こんにちはこうめいと申します。新卒で入った会社を1週間で辞めた後ブログに出会いました。このブログでは僕が思ったことや気になったことを書いていきます。よかったらご覧ください。

次世代SNSで話題のCTime!ツイッター民の声は!?

最近注目されている

次世代SNSアプリCTime。

 

僕も最近始めましたが

楽しく利用しています。

 

お金が稼げたりランキング形式だったり

今までのSNSにはなかった要素があります。

 

しかしツイッター民の間では

あまりウケが良くないとの声を

聞きました。

 

確かにツイッター民から見て

CTimeはどのように映るのか?

 

そこで今回はCTimeに対する

ツイッターの声を調査しました。

 

 

 

目次

 

 

 

 

1.ツイッター民の声

それではCTimeに対する

ツイッター民の声を上げていきます(僕調べ)

 

①アクティブユーザーが少ない

②使い勝手は微妙

③公式になろうと必死な人が怖い

インフルエンサーにはなれない

⑤コンサルに誘われる

⑥悪い所を公にすると減点

 

以上の5つを紹介します。

 

 

 

①アクティブユーザーが少ない

僕はかなりアクティブな人が

多いと思っているのですが

一方でアクティブな人が少ないと

感じている人もいました。

 

そう感じる理由としては通知欄が

いつも同じ人ばかりとのこと。

 

確かに改めて通知欄を見てみると

同じ人が多く初見の人は少ないです。

 

通知にはアクティブな人がいますが

CTimeユーザー全体でみると

意外と多くはないのでしょうか?

 

 

 

②使い勝手は微妙

まだリリースされて約1年半ぐらいなので

発展途上という意見もありました。

 

僕としては今のところ

不便な点はありません。

 

しかしツイッターに慣れている人は

使用の違いに不便さを感じるみたいです。

 

 

 

③公式になろうと必死な人が怖い

CTimeでは公式CTimerが存在します。

公式CTimerとは運営にインフルエンサー

認められた人達のことです。

 

この公式CTimerになると

毎月プレゼントやお金を

貰えるようになります。

 

確かに公式CTimerを

目指している人は少なくないでしょう。

 

しかしそれになろうと必死なのが

「怖い」という声も聞こえりました、

 

ちなみに僕はというと

ブログの宣伝程度に使っており

公式CTimerには興味がありません。

 

 

 

インフルエンサーにはなれない

例え公式CTimerになったとしても

インフルエンサーにはなれないと

いった声がありました。

 

確かにフォローする理由は

インフルエンサー

ツイートや人柄に惹かれるからです。

 

公式CTimerだから

ファンがつくのかと言われると

微妙なところですね。

 

やはり本質的な部分が

できてないとファンがついても

直ぐに離れていくのでしょう。

 

 

 

⑤コンサルに誘われる

ツイッターインフルエンサー

なるのは難しいのでとCTimeのコンサルに

誘われた人もいました。

 

しかもコンサル料が30万円! 

いきなり言われてポンと出せる

金額ではありませんよね。

 

このようにいきなりコンサルに

誘ってくるのは人によっては不快感を

覚えるかもしれません。

 

 

 

⑥悪い所を公にすると減点

なんと公式CTimerの方はマイナス点を

公にすると公式CTimerを維持する上で

減点の対象になるといった声も!

 

これでは公式CTimerの方々は

地位を守るために発言できないでしょう。

 

CTime側が公式CTimerに対して

「悪い点を公にしたら公式から外すよ」

と脅しているようにも見えますね…

 

 

 

2.終わりに

基本は楽しく利用していますが

ツイッターでの声を聞くと

少し闇を感じますねw

 

公式に対して口止め的なことをしたり

いきなりコンサルに誘うだのって

少しやり方が乱暴だと思います。

 

とはいえまだまだリリースされた

ばかりなのでなので今後の行く末を

ひっそりと見守ろうと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村